観るだけではなく参加したいイベント

観光地でよくクリスマスイルミネーションが作られたり

観光地でよくクリスマスイルミネーションが作られたり、キャンドルを並べたりするイベントが見られます。これらは観るだけでも感動的な美しさなのですけど、せっかくなら参加して自分もそのイベントの一員になりたいものです。

同じように考えているのが札幌の雪祭りで、自分で作った雪の彫刻が少しの間とはいえ、みんなの目に触れる状態で公開されるのは大変うれしいものです。

夏に行われるお祭りなども、観るのと参加するのでは大違いで、おみこしや山車の担ぎ手、曳き手となって参加すると、なんだか昔からその地域の一員だったような気がしてきます。これはお祭りごとの雰囲気に自分が一体化していることを示しており、ある意味トランス状態にあると考えていいでしょう。
私はイベント事が大好きで、旅行に行くのも特定のイベントがあるからです。
特に夏はおみこしが出るイベントが多くて、担ぎ手を自ら買って出ることがあります。やはりイベントは参加してこそ意味があるのです。